家族葬に参列した場合

生前親しかった方が亡くなった場合、家族葬に参列していただけませんかと声をかけられることがあるかもしれません。そのような場合は、時間の許す限り参列すべきですが、注意すべきポイントがあります。

1つ目のポイントは、しばらくは口外しないことです。もし家族葬に参列した場合、そのことを特に故人とある程度のお付き合いがあって呼ばれなかった方には伝えないことです。もしそのようなことを言われれば、その方は、故人にお焼香の一本でもということになって、相手の自宅に弔問する可能性が出てきます。お葬式が終わった直後は遺族の方も疲れているでしょうし、遺品整理などいろいろと処理すべき問題もあります。そのような中でさらに自宅訪問があれば、その対応をしなければならず大変になってしまいます。

2つ目のポイントは、故人と仲の良かった方にも黙っておくことです。家族葬に参列しなかった方で、生前お付き合いのあった方にはその旨が遺族から報告されるはずです。その時までに参列したことは言わないように心がけるのが、参列者のマナーです。

家族葬に限らず、お葬式は遺族が責任をもって執り行います。ですからその報告についても遺族が行いますから、スタンドプレーに走らないように気を付けることが参列者としてのエチケットと心得ておきましょう。