家族葬に参列する際の服装

家族葬はまだ参列したことがないという方も多いでしょう。そうなってくると、どう参列していいのか分からないという方も出てくるはずです。特にお葬式に参列するにあたって、服装はどうしたらいいのかと迷ったこともあるでしょう。

家族葬に参列する場合には、準喪服がおすすめといわれています。喪主で弔問客をもてなす場合でも、準喪服が相場とみられています。具体的にどういった服装がいいのかですが、男性の場合はブラックスーツが一般的です。ブラックスーツであれば、ダブルでもシングルでも問題はありません。女性の場合にはワンピースやスーツでブラックの無地のものがおすすめです。この時あまり光沢のあるようなものは派手で場所にそぐわないですから、注意しましょう。

家族葬の場合、気取らないお葬式であることも多く、案内の際には平服でお越しください、とされることもあります。しかし普段着で行くものではありません。略喪服といって、ダークグレーや紺のスーツなどのシックなカラーの服装で参列することです。女性の場合ワンピースでも構いませんが、無地に近いものを探しましょう。

家族葬の場合、通常のお葬式と比較すると、それほどフォーマルさを意識する必要はありません。しかしその中でも、一定のルールやマナーがあることも理解しておきましょう。